結婚式なら当サイトにお任せ!

教会式結婚式と言えば素敵なチャペルのイメージ

教会式結婚式と言えば素敵なチャペルのイメージ 結婚式を教会式で挙げるときに連想することは、多くの方がチャペルのイメージを持つものではないでしょうか。
国内でも昨今人気の高い結婚式場になり、洋風の純白ドレスとタキシードの両人が神父様により式を進行していく習わしです。
イメージは決して間違ってはおらず、この式場の多くは独特の祭壇があり、ホール内はパイプオルガンの音が響き渡るようにホール型の式場も少なくありません。
参加者の席にも特徴があり、ミサを行える状態なので広めの教会式では映画館のように段差を設けていることも一般的です。
窓ガラスにも特徴はあり、素敵なステンドガラスが利用されている他に、装飾の施された木製の窓枠なども魅力が満載です。
ホール型の場合は天井が吹き抜けのように非常に高さがあることも特徴としてあげることができ、圧迫感を感じない構造です。
チャペルの素敵なイメージの中には、教会の中から外を見ることができる窓ガラスが設置されている式場も存在します。
緑が綺麗なガーデンを有している場所もあり、素敵なイメージそのままで結婚式を行えます。

結婚式を教会式にするとき神父は外国人か日本人のどちらがいい?

結婚式を教会式にするとき神父は外国人か日本人のどちらがいい? 結婚式を教会で行うことは女性の憧れではないでしょうか。
教会式の特徴は新婦と父親がバージンロードを歩くなど印象的なシーンが多い挙式スタイルです。
神聖な雰囲気で式を執り行いたい人、親族や友人など多くのゲストに祝福してもらいたい方にお勧めとなっています。
式に欠かせないキーパーソンが神父さんです。
神父さんは日本人のケースと外国人のケースがあります。
教会で式を挙げる7割の人が外国人の方に依頼しているようです。
式の雰囲気を重視したい人は外国人の方に依頼しましょう。
ただ、外国人の方だと人によっては日本語が片ことでわかりにくいという場合があります。
ですから、事前にスタッフの人に確認しておくと安心です。
ですが、片ことの日本語も雰囲気のひとつになりますので、そこまで神経質になる必要もないかもしれません。
確実に進行できるようにしたい方は、日本人の方に依頼すると良いです。
日本人の方のほうが落ち着いて自然な進行ができるという意見もあります。
一生に一度の結婚式、自分たちらしい式を挙げられる方を選んでみましょう。

新着情報

◎2020/8/24

フラワーシャワーの意味
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

教会式結婚式といえば
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 素敵」
に関連するツイート
Twitter