フラワーシャワーの意味

フラワーシャワーの意味

フラワーシャワーの意味 教会式結婚式で行われるフラワーシャワーとは、挙式が終わった後に教会から出てくる新郎新婦に向かい、結婚式に参列したゲストたちが花びらをまき、祝福するセレモニーのことを指しています。
花の種類は決まっていませんが、花の香りにより、悪い運や災難から二人を守るという意味が込められています。教会式結婚式でフラワーシャワーを行う場合には、生花で行う場合と造花で行う場合の二つのケースがあります。花の香りにより場を清めるという意味からも、どちらかというと生花の方が適しているといえるでしょう。花が舞った時の色味も非常にきれいで、写真を撮った時にも美しく撮影できることも大きなメリットとなります。造花の場合には生花よりも費用を抑えることができるでしょう。様々な形や色があるので、自分たちのイメージに合わせて選べることもメリットです。生花と比べると掃除が簡単なので、造花で行うことが決められている結婚式場もあります。場合によっては安っぽい印象を与えてしまうこともあるため、造花選びは慎重に行うことが大切です。

教会式の結婚式では牧師選びが重要

教会式の結婚式では牧師選びが重要 教会式の結婚式を行う場合には、牧師を自分で選ぶことができるものが非常に良いものです。多くの結婚式場では選ぶことができない場合も多いのですが、もしこれが可能である場合には、十分に打ち合わせなどを行い最適の人を選ぶことが大切です。
その理由は、参列してくれた人を満足させることにつながるためです。結婚式での牧師の役割は粛々と式次第を進めることであると考えている人も多いのですが、新郎新婦は実際には非常に緊張している面があり、様々なアクシデントが発生する可能性も少なくありません。これをアクシデントとして済ませてしまうのか、もしくはイベントの1つとして上手に処理することができるかはその経験と知識によって変わってくるため、これを上手に行うことができる相手を選ぶのが非常に重要なポイントとなっているためです。教会式の場合には短時間で厳かに進められるものであり、あまりその内容を考慮する事は少ないものでもありますが、細かなところの配慮が、参列してくれた人を感動させるものとなることを意識することが大切です。

新着情報

◎2020/8/24

フラワーシャワーの意味
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

教会式結婚式といえば
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 フラワー」
に関連するツイート
Twitter